ライフイズビューティフル

訪問記/書評/勉強日記(TOEIC900/IELTS6.0/HSK5級/Python)

最も賢い億万長者上・下 | シモンズの投資手法 | 2021年書評#1/2

2020年は投資を始めた年でした。

昔から投資に興味はあったものの新卒の会社で401Kをしていたぐらいで、その他は年金保険程度しか運用はしていませんでした。

なんとなく貯金額は増えるものの、インフレにより現金の価値は未来に向けて希釈されていってしまいます。

コロナで在宅ワークが増えたこともあり投資の勉強を始められた年でした。

投資を始めてみると色々と勉強することが増え、

振り返るとアベノミクスでの投資チャンスを損失していたことや、

S&P500はいかなる景気後退も乗り越えてきたことなど、

今までなぜ投資をしてこなかったのかという後悔が生まれ本格的に資金を投入しました。

ジムシモンズ

ジムシモンズはルネサンステクノロジーズという、最も成功しているクオンツファンドの代表です。

投資で一番の敵は人間の感情です。強欲、恐怖などすべての人間心理を織り込んだ市場では感情的な取引が失敗をもたらすと言われています。

シモンズは元々著名な数学者でしたが、ある日投資の魅力に取り憑かれます。

大豆に投資したシモンズのお金は数日で数千ドルの利益を出したことがきっかけでした。

当時、シモンズは国防分析研究所(IDA)にてソ連の暗号解読に努めており十分に安定した人生を歩んでいました。裁量労働であったこともあり、空き時間に同僚と株式市場での勝つ方法が無いのか研究を始めたシモンズは、「シグナル」を見つけることで高い勝率を出せるのではと考えます。

その後、IDAの突然の解雇や大学教授での仕事を経て、シモンズは数学の世界を捨てゼロから投資の世界へ足を踏み入れます。

数学の力で市場に勝つ

ジムシモンズ率いる投資チームの構成で最も特徴的なのはウォール街の人間は仲間に入れないことです。

ルネサスの大本にあるヘッジファンド「リムロイ」においてもIDAの同僚とスタートしています。

当時数学者でしか構成されていないヘッジファンドは前例が無く、予定していた資金は集めることができなかったものの、知り合いから資金を集めファンドを開始します。

初期からシモンズの目標は「人間が介入しない取引システム」の構築でした。

何かしらの「シグナル」を求め法則を探す旅が始まります。

しかし、初期の投資は理想から程遠いものでした。人間が介入し売り買いの判断をしており、損切りをできない同僚のバウムと対立することもしばしば。

投資手法確率のための泥臭いデータ収集、データクレンジング、さらにはトレンドフォローでの他頻度売買が良いのか、それとも手数料を避ける低頻度売買が良いのか、システム構築のために数々の天才数学者を集めてはそれぞれからの手法を試し良い方法を探していきます。

バーレカンプはカジノから着想を得て、高頻度売買することによって一回の取引の重要性を下げることで、より安定した利益を出せるのではと考えます。また、前日の取引の結果から次の日の取引は予想しやすいと24時間効果、週末効果などを活用し始めました。

当時のメダリオンルネサンステクノロジーズ前のファンド)では短期トレードが90%、長期トレードが10%と、その取引の多くは当日中に手仕舞いすることが多かったという。

ライバルの台頭と戦場の移り変わり

本書の中では、日本の本間宗久ローソク足やギャン理論で有名なギャンの手法、またDEショーと呼ばれるライバルのヘッジファンドが紹介されています。

投資手法は時代や投資対象によって様々で、多少オカルトな側面も含まれるギャン理論などの熱狂的な支持者の居るグループなどもありとても興味深いです。

当時、メダリオンはというと利益を出していたものの投資金額はそれほど大きくなくファンドの中では小さいものでした。

かつウォール街で資金調達をしようとしても、コンピューターを活用した取引に興味を持つ投資家は中々見つかりません。

その中でもシモンズが粘り強く支持者を探し規模を拡大していくことに成功します。

運用資金が増えていくと、投資対象としていたコモディティや通貨の市場規模が狭いため利益が出にくくなってくるというデメリットも生じてきました。

少し意外なことに、メダリオンが株式市場へ本格参入するのはこの時で、より市場規模の大きさから利益を最大化できるという理由でした。

メダリオンの成功と社会的影響

株式市場へと投資を拡大していくメダリオンは順調に、どのファンドよりも大きく成長していきます。成長は加速度的で、異質なまでに高いファンド手数料でも資金が十分集まる魅力を持っていました。

初期のメンバーはほとんど会社を去っていましたがシモンズが率いるチームは随時数学者を採用しより強固で複雑なシステムを作っていきます。

またルネサンステクノロジーズのマーサーは政治にも深く関わっていき、トランプ当選を後押ししています。

政治と金はの関わりについてアメリカは顕著なのですが、ルネサンステクノロジーズのメンバーと共和党が関わっているというのは驚きでした。

投資の難題

人間は感情や直感から逃れられない、というのは人間が介入しないトレードを信じ続けたシモンズでも感情の介入からは逃れられませんでした。

従来の投資法が通用しない時代、現代はインサイダーの取締や、情報のフラット化などによりファンドの優位性がどんどんと薄まってきています。誰もが同じような情報を触れられる中で、有名なファンドバークシャーはS&P500のパフォーマンスを下回る結果を出してしまっていることから、どんなプロにおいても従来の投資法だけではいいパフォーマンスを得られなくなってきています。

ビッグデータで進化する定量的手法、そんな中、アルゴリズムトレード含めより多くのデータを用いた取引手法は今も進化しています。クオンツプレーヤーはルネサンステクノロジーズの成功が代表的ですが、他にもツーシグマインベストメンツ、イスラエルイングランダーのファンドなと定量手法が生み出す高成績が目立ってきています。

we.love-profit.com

byh00122.livedoor.blog

最後にどんな人におすすめか

投資の歴史本に近いもので、投資を始めるための入門書というよりは小説に近い感覚の物語ではないでしょうか。

しかし、ルネサンステクノロジーズは投資をしていく中で知っておくべき存在であると思います。

本書から個人投資レベル、かつ短期の実践的なトレードに活用できる内容があるのかというと、そうでも無い気がするところがあるのであくまで趣味的に知識をつける本のように思いました。

直接の活用はできないにしろ、クオンツがこれだけ台頭してきた中で秘密主義のルネサンステクノロジーズについてこれだけ濃く書かれた内容の文章は無いので、改めてグレゴリーザッカーマンのジャーナリズムに感心しました。

ルネサンス内での天才立ちが行う泥臭いデータ収集から分析、確執がもたらすドラマは興味深いものでした。