ライフイズビューティフル

訪問記/書評/勉強日記(TOEIC900/IELTS6.0/HSK5級/Python)

教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン | 伊藤 穰一 (著), アンドレー・ウール (著) | 2022年書評#25

前回の9プリンシパルズに続き伊藤穰一さんの著書を読みました。

 

 

📒 Summary + Notes | まとめノート

9プリンシパルズに続いて伊藤穰一さんの著書になります。

9プリンシパルズに続き、今までの価値観からどのように変わっているのか、どう考えていけばよいのかということについて書かれています。

テック分野について英語圏からの情報や価値観に触れている人が日本語で伝えてくれているコンテンツは中々無いように思うので伊藤穰一さんのコンテンツはポッドキャスト含めとても好きです。

本書は以下で構成されています。

AIは労働をどう変えるのか?

仮想通貨は国家をどう変えるのか?

ブロックチェーンは資本主義をどう変えるのか?

人間はどう変わるのか?

教育はどう変わるのか?

日本人はどう変わるべきか?

日本はムーブメントを起こせるのか?

特に興味深かったのは仮想通貨やブロックチェーン周りの話で、今までの国家や企業という枠組みが仮想通貨によってよりスピーディーに物事を始められることや、より透明性の高いガバナンスが実現できる点はとても興味深いです。

以下のYoutubeでさらに最近の仮想通貨周り、Web3.0やDAOについて語られているので本書からさらに先のことを知りたい方におすすめです。

www.youtube.com

📚 Relating Books | 関連本・Web

  1. https://www.peoplevsalgorithms.com/p/web3s-summer-of-love?s=r Web3's Summer of Love