ライフイズビューティフル

訪問記/書評/勉強日記(TOEIC900/IELTS6.0/HSK5級/Python)

年収1億円を稼ぐ月3分投資 | 投資のイロハ | 2021年書評#3

数年前に読んだ本なのですが、投資を本格的に始めたのでさっと読み直してみました。

 

本で紹介されている前提

キャッチーなタイトルにしないと売れないのか、この本は1億円を稼ぐというコピーがあります。

資産が動くか自分が動くか

本の最初に紹介されるのは、ロバートキヨサクの本にある「資産が動くか自分が動くか」が紹介されており、投資というのは資産が動くものですよ、と。

月利5%を狙う

そして、50万の元本から月利5%を狙い10年後には1億円を達成できるという道筋です。(著者は月利10%を目標としているらしい…)

月利5%を達成し続けるとどうなるかというと

1年後 約90万

2年後 約160万

3年後 約290万

4年後 約520万

5年後 約933万

10年後 約1億7445万

というような流れです。

トレンドの見分け方

上昇、下降、横ばいのトレンドを理解し、高値更新・安値更新をシグナルとしてトレンドにのり、買い・売り両方を用いてトレードをする、というのが推奨されています。

その他トレードのルール

狙う銘柄は日経255にあるもので、基本的に短期トレードを前提としています。(長くても数ヶ月)

日足に注目し、かつ終値に着目し方向性を予測します。

毎日できるかぎり400銘柄を1時間以内(30分程度が理想)にスクリーニングしてエントリーできそうな銘柄を探す。

注文するときは成行で。

横ばい3ヶ月、上昇2〜3ヶ月、下降1〜2ヶ月がトレンド期間の目安。

トレンド転換時にドテンも狙い目。

さいごに、どんな人におすすめか

投資の基本的なことが書いてあるので、トレンドを見つけてそれに乗る、流動性の高い日経225銘柄が主戦場というのは王道な投資のように思いました。

ドテンや空売りの使いこなしはやるべきではありますが、初心者向けでは無い気もします。

短期トレードメインというのはリスクヘッジとしてはとても良く、下げ相場のダメージを受けにくいので初心者に向いているように思いました。

読み返してみると、結構当たり前なことばかり書いてあるのですが、よく考えたら当たり前のことができずにマイルールの無い投資をしているのは反省点。

今後の投資スタイルに活かしたいと思います。